HOME > SS

9月29日(日) 社内でのふ、フジュンイセーコーユーはシューギョーキソク違反だぞ!と思った日のこと。

……閃の軌跡を買う予定だったのですがロードがあれだというのでしばし様子見に。
こうなると分かっていればカルマルカサークル予約しとけばよかったと悔やむも後の祭り……
まぁいいこともあったのですが今すぐどうこうと言うわけじゃないしなぁ。

・フルメタル・パニック!アナザー6
初めてが名も知らぬ敵パイロット……ならまだしも顔見知りになってしまうとか。
シリアス色がどんどん増してきたがさて、この作品の着地点はまだ見えんな……本編並みに長くなるのだろうか?
まぁ発刊ペースが一定なのでそれでもそんなに困らないだろうけど。

・魔法少女リリカルなのはVivid 10
何気に二桁か……Forceは停止してしまったようですがこちらはなんかメインが前世関係になってきたのはいまいちですが長く続いてくれると良いですね。

・アニメとか
星矢Ω……今回も光牙たちは昴の引き立て役だったな……
アテナの聖衣登場、とハービンジャーさんが相変わらずのツンデレ。
戦場にアテナと黄金聖闘士が登場とそろそろ最終決戦か?と思わせる展開に。
瞬と氷河も既に戦っているが紫龍さんは戦っていないのだった。早く龍峰から天秤座受け取ってください。
と、ここまでなら普通に盛り上がる展開なのですが最後の最後にとんでもない爆弾が……
オリジナル鋼鉄製闘士、だと……?
瞬や氷河が、黄金聖闘士やアテナが出てきて昴さえ青銅製闘士になったこのタイミングであの三人とかギャグとしか思えんのですが……
あとセイヤァッ!なCMもギャグ。
ダンガンロンパ……いまいち絶望と言うものが良く伝わってこない感じでしたが俺たちの戦いはこれからだ!ED。2は果たして?
神のみぞ知るセカイ……すごいいい最終回でした。女神編は全体的にはしょられた部分も多いですがかえってテンポも良かったし演出もあって最後は原作で見ているのに泣けてしまった。
四期があるかは……まだ原作でも過去編が終わってないからなんとも微妙ですが。
超電磁砲……ベラベラと動機や目的を語ってくれる黒幕とか雑魚いなぁ……
アニメオリジナルは一期が木山、二期が布束と原作で不本意に退場した人を助けてあげる展開と言うことなのね。
次回は最終決戦か。
先週も思ったけど学園都市の裏にこの時点で美琴以外が関わるのはどうなんだろうとは思いますが、きれいにまとめてくれると良いですな。

・神次元アイドルネプテューヌPP
とりあえず場つなぎですが積んでたこれを開始。
最初はネプテューヌをプロデュウス。
まぁ次のゲーム来たら止まりそうですがね(ぇ

・魔法少女バーニングアリサVivid そのはち
<プリス・シルエ LIFE:4500>
<アクア・リッド LIFE:6200>

「ライジングバード、フルドライブ……」

プリスの呟きにアリサが反応した。

「本人もこのラウンドで決める気になったみたいね」
「そうだね、フルドライブはまだ長時間は使えないし」

作ったすずかが言うように今のプリスではフルドライブを長時間維持することができない。
残り時間的に考えてこのラウンドギリギリと言ったところだろう。

「ま、いいんじゃない?風を使うなら神風って言うのもね」
「それだと自爆にしかならないよ」

アリサとすずかの言葉の間にもライジングバードはその姿を変える。
赤と青だった色は白銀に。
形状はより鋭角的に。
まるで風を切るかのように。

「モードチェンジ、ウイニングバード!」

デバイスの変形が済むや否やアクアの目の前からプリスの姿が消えた。
アクアは一瞬戸惑うが過去のプリスの試合を見ていたために即座に上に視線を向ける。
やはり上にいた。
『奇襲』にならなければただの踵落としからのサマーソルトの二段攻撃に過ぎない。
ましてや刃を持つ分リーチが長いアクアにとっては紙一重で回避する必要はなく、プリスの着地に合わせてカウンターを喰らわせるチャンスでしかない。
このラウンドで決めようと焦ったか?
今までの戦歴からしてもプリスには一撃必殺の威力はなく、意識を刈る以外の方法がないのだろうが……
プリスの足が届かない、しかし刃が届くギリギリの距離を瞬時に見極める。
『半月』を納刀、『三日月』を逆手に構える。
着地の瞬間に勝負が決まる。

「と、相手は思うんだろうけど」

アクアの心理を予想して見せたアリサが呟く。

「わざわざ『ウイニングバード』を使ってるんだから今までと同じだと思ってると痛い目見るわよ」

プリスの踵がアクアの眼前を通り過ぎる。
カウンター殺しのサマーソルトを予想していたアクアだがそれはなかった。
そのままプリスが着地の態勢に入る、その瞬間を狙い右手だけでの抜刀からの身体を回転させての四連撃。
アリサが使う『薙旋』に似たその技は瞬間的に相手に背を向けてしまうが、アクアはその背に三本目の刃を置くことで死角を消した。

「奥義、『満月』っ!」

技の起点となる右手での抜刀。
それを行うための右足の踏み込み。
そこに、違和感を感じた。
例えるならば階段を踏み外したかのような……このリング上でそんな段差はないというのに。
着地したプリスの髪が、そして自身の三本目の刃が上方へ強く持ち上げられているのを見てようやく理解する。
プリスはこれまで以上の強い風をリングに叩きつけ、至近距離にいたアクアの身体……踏み込みの足を僅かながらに浮かび上がらせたのだ。
起点がずれたことで技そのものが大きく崩れる。
本来は回避するつもりだったプリスに対して当てられたことはまさに奥義といえるだけの技だった。
しかし、プリスを倒せるだけの威力を持った攻撃が何れも直撃には至らない。

<プリス・シルエ DAMAGE:4040 LIFE:460>

四連撃が止まった瞬間、プリスの振りかぶった右拳の周囲の空気が激しく渦を巻く。
試合開始直後に見せた『サイクロンマグナム』の比ではない。
『満月』の動きの慣性によってプリスの方へ流された『無月』が瞬時に逆方向へ持っていかれた。
もう避けることは不可能だ、と攻撃に耐える覚悟を決める。
相手には一撃必殺の威力はない……はずだ。
耐えられればまだ逆転の目はある、と歯を食いしばったアクアに。

「マグナムトルネードッッ!!」

プリス渾身の一撃が腹部に突き刺さる。

<アクア・リッド DAMAGE:6000 LIFE:200>

「っ、は……っ」

身体がくの字に折れ曲がり、両の手から刃が零れ落ちた。

「残り五秒!もう一撃で決めるんだ!」

リングサイドのリオスの声が届く。
アクアは時間内に刃を手に取ることすら困難だろう。

「これで……っ」

止めとなる一撃がかろうじて立っていたアクアにクリーンヒットする。
すずかが、アルテが、アリサですら勝利を確信した。
だが。

<アクア・リッド DAMAGE:180 LIFE:20>

魔力を使い果たし、風を纏わないプリスの拳はあとわずかのLIFEを削りきることができなかった。
もし想定通りであれば、直前に『満月』を避けられていれば『マグナムトルネード』だけで倒しきれていたはず。
しかし実際にはギリギリまでダメージを受けてしまったことで必殺の威力は削がれた。
そして――

「……『無月』」

相手の魔力切れなど知る由もなく、手足がろくに動かないアクアに最後にできたことは一つだけ。
風に阻まれると思いながらの悪あがきとも言える最後の一撃は魔力の切れたプリスに直撃した。

<プリス・シルエ DAMAGE:500 LIFE:0>

終わらんかった……続く?)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事のトラックバックURL

http://sakuramaunamikimichi.blog73.fc2.com/tb.php/1124-b718e0b9

コメント

Ω

 オリジナル鋼鉄聖闘士は意外と早く来たな。仔馬座みたいに月末
かと思ってたのにw
 まぁ、紫龍さんは聖衣脱いでいた方が強いし(ぉ 光牙の聖衣は
来週で修復される模様なので、普段の強さにもど……れば良いな。
ぼちぼち行方不明キャラも出てくる模様(あの人もいよいよ?)

閃の軌跡

 見えるらしいので買おうとは思いつつ、9月は余裕はなしw 今月
買う予定だったソフトが思いっきり延びたので、そこで買うかなぁと
予定はしてるけど、どうなるやら。

カルマルカサークル

 書記の未来ちゃんのシーンがあるなら買います(断言) という
くらいだったんだがなぁ。それ以外のキャラだと微妙にそそられ
なかった(涙目)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】